進化論

人生をより良く進化させていくためのブログ

森山直太郎の聴かなきゃ損な名曲を選定

森山直太郎という歌手がいる。

 

2003年に桜(独唱)で一気にブレイクし、その人柄と歌唱力で歌手としてだけでなく、最近はバラエティ番組でも数多く出演している。

 

いわゆる桜(独唱)の人として認知されていることが多いのではないだろうか。

 

しかし、声を大にして言いたい。

 

  • 桜(独唱)は森山直太郎の数多い名曲のうちのひとつに過ぎず

  • バラエティでの面白さは森山直太郎のユーモアセンスの氷山の一角

 

であると。

 

そんな彼の魅力が詰まった名曲・迷曲を完全に主観で選んでみた。

 

今回は名曲篇

 

しかし、何を隠そうこの私も直太郎先生に関してはまだまだ初学者の域をでず、すべての曲を知っているわけではない。

直太郎ファンの方は、にわかファンのレビューを温かく見守っていただきたい。

 

未来 〜風の強い午後に生まれたソネット

数多い恋愛ソングの中の一曲だが、直太郎先生の代名詞になってもいいんじゃないのかと個人的に思ってしまうほどいい曲。シングルとしてのキャッチ―さと直太郎の世界観を見事に両立している。などと知ったかするまでもなく、普通にいい曲。

 

五線譜を飛行機にして

これまたとんでもなくいい曲。しかし、恋が成就したのか、別れの歌か自分は未熟すぎてよくわからない。誰か教えてほしい。

キス我慢選手権の映画の主題歌だったかと思う。関係なしにとてつもなくいい曲。

 

さよならさよならさようなら

 

森山先生のお別れソング。さよならさよなら言い過ぎと思う方もいるかもしれませんが、めっちゃ泣ける。いい声してるわ、ほんと。

 

この時が、ずっと

壮大な曲。ずっと続いてほしい「この時」という瞬間が誰にでもあるだろう。「この時」という素晴らしい一瞬は、儚くて脆くてそれゆえに尊い。そんな時が続かないとは思いながらも続けばいいのにと願う。こんなよくわからないレビューをアツく書いてしまうくらい名曲。

 

生きてることが辛いなら

生きてることが辛い時に、力強くエールをくれたり、背中を押してくれるような曲ではない。

辛い気持ちにそっと寄り添って、そして隣で一緒に世を明かして朝日を一緒に迎えてくれる・・・そんな優しく愛に溢れた応援歌。

歌詞が批判を受けたらしいが、批判をするは最後まで聴いてないだけか、日本語がわからないのだろう。

 

生きとし生ける物へ

最強

 

 

運命の人

「運命の人だと勝手に思っている」が最後「本気で思っている」に言い換えられて、涙腺を刺激する。普通にとんでもなくいい曲。

彼はやはりバラードの達人。静かなバラードが誰より似合う。

 

 

今回はパッと思いついた名曲を適当にあげてみた。

解釈、感想も間違ったことばかりかもしれない。

ただ、これだけは間違っていない。

  • 上記に挙げた曲は知らなきゃ損な名曲ばかり。
  • 森山直太郎はこれら以外に名曲がまだまだある。
  • 迷曲もすごい。

 

迷曲はまた近日中に語りたい。