進化論

人生をより良く進化させていくためのブログ

天王山の夏休みが終わる前に読みたい!!受験生のモチベーションを上げるこの一冊

こんな人におすすめ

 

  • 「どうして勉強なんてしなくちゃいけないのか」と思う
  • 高校や大学なんて自分から行きたいわけじゃないのに受験勉強しなくちゃいけない現実が辛い
  • 受験勉強を頑張ってはいるが、学力が上がらずに苦しい

 

 

私が大好きな作家さんに喜多川泰先生がいます。主にストーリー形式の自己啓発本を執筆されています。

その中の一冊が学習することの意味を教えてくれて、学ぶモチベーションを物凄く高めてくれるので紹介させていただきます。

受験生にとって天王山の夏も後半ですが、今後の受験戦争を前向きに戦えるように夏休み中のご一読をおススメします。

 

「手紙屋」蛍雪篇 ~私の受験勉強を変えた十通の手紙~

 

amazonでの本の紹介文です

 

出版社からのコメント

 

高校生の時にこの本に出会っていれば、もっと自分の世界が広がったのに...。
それが、『手紙屋 蛍雪篇』の原稿を読んで、最初に思ったことでした。
当時、おそらく多くの受験生たちと同じように、大学合格を目指して必死に勉強していた私。でも今振り返ってみれば、「受験のため」だけの勉強は、そのとき限りのものなのです。
あの時、この本に書かれていたことを知っていれば、受験勉強を自分らしい未来を拓くための礎にできたはず。大嫌いだった日本史も、もっと楽しく勉強できたはず。そう思うと、正直悔しいです。
だからこそ、この本を一人でも多くの高校生や中学生に、ぜひ読んでみてほしい。そして、子どもを持つお父様方やお母様方、また教える立場の先生方にも、ぜひ読んでいただきたいのです。
「手紙屋」がくれる温かい手紙が、「学ぶ」ことの本質と、その面白さを教えてくれます。

内容(「BOOK」データベースより)

何のために勉強するんだろう?何のために大学に行くんだろう?進路に悩む女子高生、和花が「手紙屋」から学んだ、勉強の本当の意味とその面白さ。ベストセラー『君と会えたから…』『手紙屋』の著者が贈る渾身のメッセージ。

 

 

 

私が本書から得た学びを簡単にまとめておきます。

 

  • 勉強も一つの道具であり、何の目的のためにそれを使おうとしているのかということが大事。
  • 勉強という道具は、自分をピカピカに磨いて、昨日とは違う自分になるためにある
  • だから、勉強という道具を使って学力が伸びても、人から嫌われるようでは正しい使い方をしているとはいえない。

 

勉強という道具を使うメリット

  • 一人でも鍛え続けることが出来る
  • 身体能力のような明らかな年齢的ピークがなく、一生伸ばすことが可能

 

 

「勉強に意味はあるのか?」だって?学ぶことの価値は想像以上に尊い

勉強とは「今までこの地球上に存在した人々が経験し、発見しては次の世代へと伝えてきたすばらしい知識や知恵を、今度は自分が受け継ぎ、自分のものにすること」

この一文がとても刺さりました。理系の大学を出た人はみんなわかると思いますが、教科書に載るような事実を発見したり、公式を作るということはとてつもなく大変なことです。

週6日朝8時から夜9時まで研究室に籠りっぱなしで実験に心血を注いでも、その中のごく一部の人しかそんな偉業は成し遂げられません。

あなたは一つのことにそこまで時間をかけたことがありますか?

そのくらいその一つの公式や事実には意味があるのです。その時代時代の天才が人生の大半を賭けて発見したことが今、目の前の教科書に書かれていることなのです。

勉強とは、教科書とはとても尊いものなのです。

 

 

勉強という道具を正しく使うということ

人間は知識、知恵によって色んなものを利用して幸せに生きています。

知識、知恵を正しく活用出来れば、色んなものを便利に使い、一昔前に比べて快適に暮らすことができます。しかし、その使用方法を間違えて、一昔前では考えられなかったような事件や事故、兵器が生まれていることも事実です。

人生の先輩たちが文字を通じて残してくれた経験をしっかり自分のものにして、周りの人と幸せに使っていければと思います。

 

 

東大に入学しても引きこもり、留年を繰り返す人もいれば、第一志望に届かなくても一流の研究者や企業家になる人もたくさんいます。

平凡なサラリーマンでも幸せを感じられる人、エリートでも常に何かに追われ、人生を楽しめない人。時代はもはや学力や学歴だけでは生きていけなくなってきています。

受験生の方も、受験生の親御さんも、受験の結果だけに気を取られすぎず、受験を通して何を学ぶのかということを真剣に考えるべきでしょう。

学ぶということの大切さを気づかせてくれる一冊です。

数時間で読める読みやすい文体と、受験生でもそうでなくても楽しめるストーリーなので、貴重な数時間を割く価値の十二分にある一冊です。

 

手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜

手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜