進化論

人生をより良く進化させていくためのブログ

習慣化する方法

勉強・筋トレ・ダイエット・家事etc何をやっても三日坊主で終わってしまう。新しい習慣を身につけたいのに継続力が無い。何をやっても続かない原因と、そんな事態を乗り越えて自分の習慣にするための対策を考えてみました。

 

 

僕は今年、日記・勉強・ダイエット・筋トレ・ゴミ出しを習慣にすることに成功しました。

今年になっていくつかの点に気をつけるようにしたら急に習慣化が上手くなってきたので、その点をふり返りたいと思います。

三日坊主の人の参考になれば幸いです。

 

何故続かないのか

スタートを切るところまでは良いと思います。成績を上げたい、資格を取りたい、痩せたい、部屋を清潔に保ちたい、そういう思いから、自分なりにノルマを決めはするものの、三日もすればやめてしまう。

初日はあんなにキラキラ輝いてみえた目標も、三日もすれば地味で苦痛な作業になり、「そもそも何でこんなことをしていたのか」、「こんなことして何になるのか」、「他にもっと有意義なことがあるのではと思えてきてしまい、そのまま潰えてしまう。」そして半年ほど経った頃に「何故半年間継続しなかったのか」、「半年続けていれば今頃・・・」と後悔に駆られる。こんな経験はありませんか?僕は吐いて捨てるほどあります。

三日坊主の原因を探り、対策を考えていきましょう。

 

行動の継続を邪魔する大きな二つの問題

 

三日坊主になってしまう大きな二つの問題は①モチベーションが低下する②スケジュール上の都合です。自身の過去を振り返ったら大概これです。みんなこれだと思います。

それでは更に掘り下げていきましょう。

 

問題解決には、問題点の分析と対策の検討この二つが重要なのはビジネスの世界も自分磨きも同じです。

  • モチベーションについて

モチベーションが低下してしまう原因を分析しましょう。僕の場合は大きく三つです。

  • やる意味・意義を見失う・・・やって何になるのか、、、
  • 効果が感じられない
  • 他にもっと効率よいやり方がありそうな気がする→やり方が二転三転して決め事が自然消滅

 

 

  • スケジュール上の問題

やり始めた途端、急に飲み会が入った。どうしても観たいテレビがあった。仕事が長引いた。などなど、日々の習慣より魅力的なもしくは強制力のあるイベントが発生してそれを機にケチがついて辞めてしまうパターン。

 

そのそれぞれについて、しっかり分析し、想定しておけば良いのです。

 

モチベーションを管理する方法とモチベーションに頼らない方法を構える

まず何かをやろうと決めた時、徹底的にしておくことは、目的・目標を明確にして紙に書いておくことです。

自分に対する説明文を作るわけです。

  • 何のためにダイエットをするのか?
  • ダイエットが成功したらどんな良いことがあるのか?
  • ダイエットをした場合としなかった場合、三か月後の自分はどう違うのか?
  • 今ダイエットをしないと三か月後もダイエットに取り掛かろうとする自分がいて、無限ループなんじゃないか?

ダイエットを例にすると、こういう質問に自分で答えを作ります。

 

次に効果が確実に見込めるであろう方法を徹底的に探します。

ダイエットであれば、変なサプリなどではなく、運動と食事管理。周りの評判もよく、かつ自分が納得できる方法を見つける。

運動と食事制限にダイエット効果が無いと言う人はいないと思います。過剰に食べてるくせに「運動しても痩せない」という人はたまにお見受けしますが。

 

勉強やトレーニングであれば、その手法をといた本でも買ってきて方法をまねるのです。出来るだけ王道のものを。

 

そして漫画や映画、合格体験記、ブログで常に刺激を受けましょう。自分の目標とする人やキャラクターを意識して自分を奮い立たせます。その行動を継続することで得られるであろう結果、目標を常に意識できるようにします。競争相手、仲間を作ることも非常に有効です。注意点はモチベーション低下の原因になる「他の方法が気になり始める可能性がある」という点です。

 

モチベーションは自分にかなりの力をくれます。集中力を上げ、効率を飛躍的に高めてくれます。常に高いモチベーションで物事に臨む、これが理想です。

 

 

しかし、このモチベーションとやらは、よほど環境の整備が行き届いてないといずれ低下します。試験などがある場合はモチベーションを高いままやっていけそうですが、試験など効果を教えてくれることもなく、一人でやらなければならないこと(スキルアップの勉強や家事)面白味のないルーティン作業、英単語の暗記など、はモチベーションがずっと高いままというのはかなり困難です。

 

そこでモチベーションが低下した際のことも考えておく必要があります

 

  1. 結果、効果に執着しない
  2. ただ淡々とこなす
  3. 継続することを一番の目的とする。効果は二の次
  4. ベイビーステップで進む。

 

さっきと真逆のことを言っていますが、これが肝要です。

事前に徹底的に目標・手法を調べ、考える。これなら確実に効果でると確信できる方法を。

そこまでしたら一旦、結果・効果への執着を捨てます。だって、絶対効果の出るやり方を考えているのだから捨てられるのです。これで「効果が出てない」という不安や焦りと決別します。

 

ここまできたらあとは継続することだけを考えます。絶対何があっても継続できる量だけを最低ラインに据えます。

  • 事前の準備をしっかりする→継続さえ出来ればいいやと自分で思える内容を見出す
  • 継続だけはするという低いハードルで臨む

くどいですが、肝要なことは、効果が必ず出ると確信が持てる有効な方法(出来れば王道と言われる手法)で、明確なゴールを設定する。そこまでの事前準備をしっかり行った上で、効果や結果は度外視して決めた作業を継続して行うことだけに集中するということです。

他に効率が良いやり方が思いついた時にぶれないために。

 

実際、ダイエットや英単語の暗記などは、細々と続けるだけで効果が出てきます。

問題なのは方法が適切であることと、継続することだけです。

 

究極のベイビーステップとは

 

究極のベイビーステップは一言記録を書くことだと思います。

自分がその日に決めた行動を実行に移したかどうかを記録・評価する。

一言で構わないので、これを記す。

トレーニングを何もやらなくても、この一言記すことだけはするようにします。これは10秒で終わります。

これをすると、いくら体調が悪くても、忙しくても、自分で定めた目標と離れてしまう・忘れてしまうということを防げます。

そうしているうちに勝手にモチベーションさんがまた顔を出しますことでしょう。